スタッフブログ

人の役に立つということ 相手を想うこと 

こんにちは、Anjupa-miスタッフブログをご覧いただきありがとうございます😊

 

《人の役に立つということ》

 こんにちは、今日は人の役に立つということについてお話ししようと思います。

 

あなたは人の役に立つという意識はありますか?

人の役に立っているって自覚はありますか?

 

 

親の介護をしてるから、なにかの役員をしてるから、なにかの係りをしてるから、無償でなにかをしてるから、貸してあげてるから

 が、 今回お話しする人の役に立つって意味ではないんです。

 

 

その人のためにあなたが 

なにかできることがあるかな、

これを教えてあげたら 助かるかなって その人のことを想うこと

 

 

まず 人の役に立つことで出来ることは 気配りから始まります。

 

 

私の方がその仕事が向いてるから 先にやっておいてあげよう。

仕事場だったら、進んで自分以外の人の手伝いをしてみる。

友人が遊びにきた人がいたら、何か飲むかな? 寒いかな? っていう気配り。

次にこの人がこれをしそうだから、先に準備だけしておいたら助かるかな

人が悩んでいたら、今日は話を聞いてあげよう。どんな言葉をかけるべきか考えてみたり。

駅前で困っていそうな人に、なにか手伝うことありますか?っと進んで声をかけてみたり…タイミング大事ですけど。。ただの変な人になっちゃう。。

 

 

 

たとえば、あなたが なにかを失敗する。

次にだれかがそれをやる時、アドバイスができたり、忠告したり、見守ることができたりと次につなげることができます。

 

 

たとえば、叱らなければいけない場面では

相手のために 伝えたいことを話す、わかるように納得させる、理解をさせてあげる。あなたがその人のためを想いどんな言葉を使うのかも、人のために役に立つっていうこと。

 

 

元気のない人には

家族だったら、元気の出る食事を。よく寝られるように静かにしてあげる。

マイペースに過ごせるように計らってあげるとか。

 

 

仕事で忙しいときには

手が回らないだろうと、なにかを手伝ってあげたり。

声をかけてあげたり。一緒に頑張って終わらせてあげたり。

 

 

人の役に立つって 本当に いろいろあります。

なにをする上でも、ほんのすこしの気遣いで 

相手の心が潤います。

 

楽しく場を盛り上げるのが得意な人、

話を一生懸命聞いてあげられる人、

空気を乱さず 一緒にいられる人、

 

 

 

あなたらしく、あなたの魅力で人の役に立ってみてください。

 

今、自分のことばかりを考えて 悩んだり、ストレスを抱えたりしてる人、

まずは周りの人のためを 考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

まだ見えてないこと、気付いてないことを発見したり、

相手のお役に立ってみようということで❤️

 

いつもと 視点を変えて 相手のことを 相手の立場を 状況を

みるくせ、とっても大事なことなんですよ。

きっと あなたの ためになります。

 

ぜひぜひ その一歩を 踏み出してみてください。

 

 

Anjupa-miでは 自分のことを好きになる、自分の自信をみつけるお手伝いをしております。

前向きに踏み出したいとき、 Anjupa-miへぜひお越しくださいませ

今なら、漢方の美肌パックつきで 顔も心も 前向きになりますよ💖

お電話や メールの際に 一言お伝えくださいませ💖

 

※画像はMirai先生です(^^)